Ledger Nano S開封の儀

0

    JUGEMテーマ:暗号通貨

     

    Ledger Nano Sなる暗号通貨ウォレット(財布)を、正月にかったきりほおっておいたのだけれど、

    今日ようやくやる気になった。

     

    まず、外箱。

              

     

    本体はこんな感じでなかなかカッコいい。十徳ナイフみたいだね。

     

     

    初期化作業がなかなか面倒。

    USBでPCに接続し、本体の2つのボタン(上写真の右の出っ張っているところ)で操作していく。

    次に暗証番号を決める。3回間違えると初期化されてしまう仕様だ。

     

    次に一番面倒なこと。リカバリーワードの設定だ。

     

    このあと出てくる24個の単語を、正確に書き留めなければならない。ウォレットの初期化に必要となる。

    それを書き留めるためのカードがついているので、指示に従って記録。

    たとえば20番目は、'bridge'だ。

     

    24個の単語の組み合わせは世界に1つしかなく、物理的に本体が破壊されても、別の個体に財布を復元できる。

    財布そのもののデータと言えるので、一般にペーパーウォレットというらしい。

     

    設定後、カーソルキーで綴りがあってるかなどを確認。

    一つだけ間違えてた。あぶねー。

     

    設定終了後、設定用chromeアプリをダウンロードし、再接続・ファームアップ・Bitcoin用ウォレットアプリの設定をして完了。

    ファームアップのところでハマったが、有識者のブログ情報でなんとかなった。

     

    本当に使えるか送金実験してみる。

    手持ちの0.1XMRを取引所でBTCに替え、ウォレットアプリが表示するアドレスへ転送。

    数分して、無事BTCがウォレットに入ったようだ。

    Ledger Nano SはもうじきMoneroにも対応するはず(現在ベータテストとのこと)早く対応してほしい。

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    人気ブログランキング

    にほんブログ村

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM