ダメリ日記

どうしようもないダメリが脱社畜を経て、一獲千金を夢見てネット界でガリンペイロするテスト。
Spec. 4KH/s(24h ave.) : Ryzen 1700 + 8GB RAM + Vega64x1 + Vega56x1
申請した。
0

    今朝、医師の診断書を待って役所に精神障害者福祉手帳の申請に行ってきた。

    こう言う事があるたび、会社の半休を使うのだが、手帳取れと言ったのも会社なので、特にやましさもない。ここで「やましさ」と言ってしまうのは社畜たる所以か。

    窓ロは空いていたので10分程で終了。判定まで1月半っていわれた。10月末~11月上旬にはわかるんかね・・・


    | 日記 | 10:03 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    医師の診断
    0

      診断書(精神障害者保健福祉手帳用)

       

      主たる精神障害:2型双極性障害

      従たる精神障害:多動性障害

       

      発病から現在までの病歴及び治療の経過、内容、その他参考となる事項。

      学童時代から多動注意の欠陥があった。

      H14年ごろから抑うつ状態を呈するようになり、A医院に通院するようになったが通院は不規則であった。

      H23年ごろから気分状態がさらに不安定になり、多動多弁の軽躁状態がみられるようになり、

      H24年4月より当院に通院中である。

       

      現在の症状、状態像など

       抑うつ状態: 思考・運動抑制、易刺激性・興奮、憂鬱気分

       躁状態: 行為心迫、多弁

       知能・記憶・学習などの障害: 遂行機能障害、注意障害

       

      病状、状態像等の具体的程度、症状、臨床検査結果など

       抑うつ気分、意欲低下を中心とする抑うつ状態が続いているが、時に多弁、易刺激性を伴う軽躁状態が出現する。

       職場でも注意の欠陥によるミスが多い。

       

      日常生活能力の判定(項目数)

       自発的にできる/適切にできる(0)

       自発的にできる/適切にできるが援助が必要(7)

       趣味・娯楽えの関心、文化的・社会的活動への参加(1)

       

      日常生活能力の程度:(2)精神障害を認め、日常生活または社会生活に一定の制限を受ける.

       ※軽度な順で(1)〜(5) の5段階。

      ----------ここまで

       

      まぁ、うまく手帳が取れるよう落とし込んでくれたという気は素人でもわかるが、

      普通に話せる日が「軽躁状態」だったとは驚きだ。

      ちなみに今はほぼ100%「抑うつ状態」。

       

      あと、当初診断名にあった「広汎性発達障害」が無かったことにされている。

      あくまでも今の先生の診断は「2型双極性障害」が主なんだろう。

       

       

       

       

       

      | 日記 | 23:01 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
      また、あの夢だ
      0

        採用通知が出ていない企業への転職のため、引っ越そうとしている。


        ここ久しく見ていなかったが、久々に見る事がある。2ヵ月ほど前は繰り返し見ていた。


        企業じゃなく大学であるパターンもある。自分の年齢は何故か自覚している。共通しているのは引っ越し先の住居すら決めていないという事。登場人物は無茶苦茶で、何故か実家からの場合もある。


        そして・・・朝起きるとだるくてしばらく動けない。


        今の環境からの逃避、変化を心の奥底で望んでいるのだろうか?

        | 日記 | 08:28 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
        • 1/53PAGES
        • >>